ドイツ・環境・自然

環境の国って言われるドイツだけど、色々とジレンマがあるみたい。環境・自然を中心に日常の事書いています。

ドイツ環境省制作ジャーナル誌「Mehrwert」の紹介・その1

現在アスベスト関連での情報発信が主流になり(なんせ、お給料を頂いている仕事絡みなので・・・)生物関連の情報発信は遅れています。済みません。

 

実はドイツ環境省が制作したジャーナル誌「Mehrwert」の編集部に連絡し、当方のブログで紹介する許可を頂きました。少しづつこのジャーナル誌「Mehrwert」について書きたいと思います。

        f:id:decohana:20180117001910j:plain

 

この雑誌はドイツ国内の生物多様性を軸に自然と生物の保護について書かれています。環境省の制作という事なのですが、ジャーナルの構想から編集作業まで、すべての過程をフリーの独立系ジャーナリストの皆さんに委託し制作されました。約70ページからなるこのジャーナルにはカラー写真も多く使用されおり、写真だけでも自然写真展覧会のカタログの様な高い質です。フリーペーパーとし、2万5千部発行され無料で配られました。

 

各記事はドイツを代表する環境ジャーナリストにより執筆されており、生物多様性、農業、エネルギー転換、自然保護、畜産、種の保存などに係わるテーマの特集、インタビュー、ルポタージュがまとめられています。

 

下記簡単に内容の一部を紹介します。

 

・・種の保護と風力発電の葛藤

・・野生のオオカミの回帰とその問題点

・・侵略的外来種対策の難しさ

・・国立公園をめぐり

・・家畜の在来種の減少

・・農業と環境保全の難しい関係

・・食糧の廃棄問題

 

環境省のシュローレン広報担当長はこのジャーナル誌の出来の素晴らしさを賛称すると共にジャーナル誌の詳細には敢て関与しなかったとコメントし、またその理由としては、今日質の低下及び何かと束縛が多いジャーナリズムの中で各著者が自由且つ専門性の高い情報を提供できる場を供給する事で独立系の専門ジャーナリズムの強化を狙ったの事を示唆しています。また環境省はこの目的の為に微力ながら貢献できたと自負しています。

 

またこのジャーナル誌のプロジェクトリーダー兼編集長のハム氏はドイツ環境省からの発注であるにも係わらずフリーのジャーナリストに委託されたこの雑誌が世間一般で高く評価された事を自負しています。その成果は各ジャーナリストが環境省からの干渉を受けずに報道倫理に基づき公平な立場で執筆できた事と環境省が報道の自由を重要視し、意図的に関与しなかった事がもたらした結果であるようです。

 

         f:id:decohana:20180117001946j:plain

 

リンク

http://the-human-side-of-business.com/wp-content/uploads/MehrWERT_4_2017.pdf

 

追伸

ドイツのアスベスト関連に興味にある方は下記を参照下さい。https://www.facebook.com/decontajapan/

キラキラ・コスメにアスベストが混入!?

またまたアスベストの話です。(FBとダブってます)

         

キラキラグッズのかわいいクレアーズ。お財布に優しいお値段なので中学生のお小遣いでも色々なコスメグッズが買えてしまう。

ところがそのキラキラコスメの中に発がん性のあるアスベストが見つかったというショッキングなニュースを聞きました。

        f:id:decohana:20180108202140j:plain


アメリカ在住のウェーナーさんには6歳の娘さんがいます。その娘さんがお遊びで使うキラキラ・コスメの成分が気になったウェーナーさんは商品の安全性確認の為、成分調査を依頼しました。


その結果、驚くべき、商品の中にアスベストとタルクが混入していると言う調査書を受け取りました。


実はタルクも鉱物であり、加工され医薬品や化粧品・食品・工業製品など多様に使用されています。その発がん性に関してはWHOでは「発がん性である証拠不十分」としてクラス分けされています。ただし、アスベスト繊維のように長く細い繊維状のタルクに関しては発がん性が認めれています。

        f:id:decohana:20180108202211j:plain


クレアーズ社ではこの調査結果に迅速に対応し、自社でも分析機関に調査を依頼しました。なおその結果では「アスベストの混入無し」。


タクルもアスベストも鉱物であるので、岩石の採取時にアスベストの混入が起こってしまう事は十分考えられます。


なおこの製品の生産地は中国です。中国では現在まだアスベストの採掘をしていると聞きます。また年間消費量も今だに多いと言う事です。(2013年は57万トン・毎日新聞 2016年7月20日より)


偶然にウェーナーさんの製品だけにアスベストが不純物として混入してしまった可能性もありますが、大量生産されるなかで、製品1つだけに不純物としてアスベストが混入してしまうっと言うのも考えにくい事です。多分このタルクと同じ採取場からのタルクにはアスベストが混入している可能が高いと残念ながら思わずにはいられません。


すべてにおいて過剰反応するのは良いない事ですが、健康被害は体内に蓄積されていく事が多いのも事実です。


なおこれを機にオーガニック コスメに切り替えるのも良いですね。



ソース

https://www.brigitte.de/beauty/make-up/claire-s--asbest-in-make-up-gefunden-11040742.html?ga_noo=1

https://www.yahoo.com/lifestyle/savvy-mom-found-asbestos-daughters-makeup-kit-claires-200050958.html

石綿問題総合対策研究会(東京工業大学)

明けましておめでとうございます。

今年もほぞぼぞと書かせて頂きます。

             f:id:decohana:20180103204422j:plain

 

ただし更新が滞っている為、今日は本職絡みです。

 

今年も石綿問題総合対策研究会(石問研)が開催されます。

2018年1月27日(土)、28日(日) 東京工業大学の大岡山キャンパス

     f:id:decohana:20180103204557j:plain


この研究会の目的は下記の3点です。
1.将来の石綿関連疾患の健康リスクを低減させること
2.石綿のリスクと医学関連、調査と分析、管理、除去、対策、廃棄、リサイクル、建築、歴史、社会等の各分野の専門家、実務者、行政関係者、NPO等が一堂に会して研究成果発表
3.建設的で率直な討論、実務に有益な意見交換

 


日本は石綿全面禁止自体は欧州に比べ遅かったものの、2013年から毎年各界のアスベスト専門家が集まり、石綿問題の解決へ向け様々な立場からアプローチをし、それに伴う研究成果の発表や現場経験豊かな測定や除去の専門家の方の実務や経験に基づく率直な意見や対策に関する発表などが行なわれいます。また海外の最新事例や規制等の紹介もあります。加えてアスベストが引き起こしてきた社会的・歴史的な問題や被害に向き合ってきた人たちの実際の声を聴くことができ、やるべき取り組みを真摯に考える場を提供しています。

このように多様な面からアスベスト問題を取り上げ、また多様な分野の専門家が集まるこの研究会(学会・会議)は類がなく、大変有益な勉強会であると思います。

 

私が知る限り、ドイツではこれ程、多方面からの学会や勉強会はありません。

 

ここドイツでは1年に一回、有害物質除去に関する展示会が行なわれいます。同時開催で国や州の行政関連や労働安全対策機関、大手の測定機関、またこの展示会に出展者として参加している企業などが中心で会議が行なわれています。もちろん参加費を払えば一般の人でも会議を聴講し、また活発に意見交換に参加する事もできます。

ただし参加費は1日券で325ユーロ(4万4千円)、2日券で525ユーロ(7万1千円)です。(会議の資料とカフェテリアのお食事つきですが)

 

知識を得るためには、それなりの対価を払う事は納得できます。しかし個人では4万円という額は安くはありません。

 

毎年オランデでも欧州アスベストフォーラムという名前で会議が行なわれています。国内だけではなく、早急に対策が必要な旧東ヨーロッパ諸国の一つポーランドや、石綿対策のライセンス制度が確立されているイギリス、また遠い所からだとオーストラリア、ニュージーランドからも講演者を招待しています。

なおこの会議の参加費用は2日間で440ポンド(6万7千円)。なおランチと飲み物券付。グローバルな石綿問題の話が聞けて、またドイツより些か参加費用が安く、お徳かも知れません。

 

しかし、両会議とも、一般市民が参加するには費用面での負担が大きいのが問題です。(なので私自身も参加した事がありません。)この事から、この様な会議は格式重視で(裕福な又は研究費や会社経費でまかなえる)専門家の為であり、一般市民への情報提供や市民への啓蒙の意味を含んでいないと私は思ってしまいます。


欧州ではこんな感じなので、誰でも参加できるこの石綿問題総合対策研究会は素晴らしい活動だと思います。

 

この石問研はより多くの人に石綿の持つ問題に関しての情報提供をおこなっています。またより多くの人と情報交換をする場として、多くの参加者や関係者に支持・支援されています。(今年は参加できなく、本当に残念に思っています)

 

下記リンクを這っておきます。
http://www.tm.depe.titech.ac.jp/Asbestos_Research_Group/6th_meeting.html

お申し込み
http://www.tm.depe.titech.ac.jp/Asbestos_Research_Group/index.html

2018年石問研のプログラム
※プログラムは都合により、追加・変更される場合があります。演題は仮題を含みます。
http://www.tm.depe.titech.ac.jp/Asbestos_Research_Group/6th_meeting.html

グリホサートの使用再更新

昨日の夜のニュース。

欧州委員会がグリホサートの今後5年間の使用の再更新を認めてという。農林大臣のクリスチャン・シュミット氏もグリホサートの使用に賛成したという。多くの農家にとっては大変助かる結果になった。

発がん性の問題に関しては、後は消費者個人で対応するしかないのだろうか?

昆虫の減少問題にはどのような対応がなされるのか?

(研究者や専門家が集まり形だけの議論を繰り返すのかもしれない)

ノヴァ石器時代

生エネルギー」と「new石器時代」という見出しをみた。なんの事か興味があり検索をしてみた。ちなみに見出しを直約すると「新石器時代」となるが歴史の教科書にでてくる時代と混乱無くため、ノヴァ石器時代と勝手に意訳した。

 

まずは進化の話から。

 

人類の進化と石の関係は切り離す事はできないだろう。石を投げ自分の身を守り、また石を投げ狩をおこなってきた。そしていつしか石から道具を作る事を学び、それが更なる進化促進の要素の一つになっている事だろう。また石の使用と共に火を使う事も人類進化のなかで重要な要素である。その石と火が結びつき、両者から暖をとる方法も考えだされ

 

サウナの本場、フィンランド。話によると1000年だが1500年以前からサウナがあるという。蒔きや電気で熱した石(サウナーストーン)に水をかけ、蒸気を発生させる。冬が長く厳しいフィンランドではサウナは人々の生活文化に根付いている。ただし石を焼くには数時間かかる、何故なら石は温まりにくい性質を持っているからである。しかし温まりにくいが冷めにくくもある。ストーブで焼かれた石は長時間熱を貯めて置くことができる。

日本でも平安時代には(Wikipediaによると平安時代末頃から江戸時代にかけてとある)温石(おんじゃく)といわれる湯たんぽ変わりのものがあり、石を温めて布にくるみ使用したと聞く。

この様に人は石の断熱効果・遮熱効果を利用してきた。

 

            f:id:decohana:20171127201155j:plain



ここから本題。

 

ノヴァ石器時代とは何の事かと思えば、この石の持つ性質を最新技術に利用する事だと定義できる。

 

ドイツではエネルギー対策が重要な課題となっているが、昨日ドイツ企業のシーメンスが風力発電でのエネルギー貯槽施設の建設を行なうという記事を読んだ。

ドイツ・ミュンヘンに本社を置くシーメンス。電信、電車、電子機器の製造会社だったが、情報通信、電力関連、交通、医療、防衛、生産設備、家電製品等の製造分野で発展しまた現在はシステム・ソリューション事業などもおこなっている国際企業である(Wikipedia)

 

そのシーメンスが石によるエネルギー保存の実験開発を行なっているという。

 

再生可能エネルギーの普及が進む中(でもドイツでは未だに石炭・褐炭火力発電への依存は高く全体の40%である)、得られたエネルギー、取り分け過剰生産されたエネルギーを安く、効果的に保存するかが課題の一つになっている。エネルギーを安定に供給する為にはエネルギーの貯蔵を含め蓄電の設置や発電出力の抑制等の対策が必要である。

現在色々な企業研究機関で研究・開発が行なわれている。

大容量充電池や大型エネルギー保存容器(30mもある巨大なコンクリートの球形の建設物で海底700mに設置されている)などがあるが、多くはまだ実験段階であり、加えて高額でもある。実用にいたる為にはクリアーすべき課題も多い。

 

そのような中でシーメンスが注目したので天然素材である石である。

2016年よりシーメンス、ハンブルク工科大学、ハンブルクエナジー社が研究・開発を行なってきて。

 

風力発電での超過エネルギーは変電施設に送られる。そのエネルギーはロックフィル(岩石や土砂を積み上げたもの)で作られて塚(蓄熱層)に送られる。ロックフィルの基になっているのは天然の岩石であり、これが600度以上に加熱される。つまりエネルギーを熱として保存する。また電力が必要な場合には、この熱がタービンを回転させ、エネルギーが電力に変換される。

 

     f:id:decohana:20171127201424j:plain

 

同開発グループでは岩石を効率良く熱する為、25m3の石塚にどの用に熱が伝わるかを研究した。その際250個ものセンサーを使用し、温度変化だけではなく、石塚内の風量や圧力損失など様々なデーターを収集し調査をおこなってという。ロックフィルで使用する岩石は自然界に存在する石である。形も大きさにものバラつきがある。よって熱の伝わり方や岩石の積み方、石塚の形を研究する事重要であるだろう。ちなみに一番効率の良い形は飛行船のような形だと言う。

 

シーメンスは来年2018年にこの考案・開発したエネルギー貯蔵システムを設置し実証運転を開始する予定であという。エネルギー効率は25%ほどだと言う。25%と言う数字を少なく取らえる人もいるかもしれないが、念頭に置くべきは、風力は無限にあるっと言うことである。(たまには風の吹かない日もあるが・・・・)。また今回は余ったエネルギーを保存することが目的である。余った物を捨ててしまうより、保存できた方が良いにきまっている。

 

またシーメンスは今後大型施設の建設も検討していくという。100メガワットの電力が貯蔵システムで保存された場合のエネルギー効率は50%ほどだと見込んでいる。また天然の岩石使用で費用も低価格で抑える事ができるという。

 

ソース: シーメンス・オフィシャルサイト

https://www.siemens.com/innovation/de/home/pictures-of-the-future/energie-und-effizienz/smart-grids-und-energiespeicher-mehr-als-heisse-luft.html

ドイツ・昆虫減少に政府機関動きだす!?

日ほど前のニュース番組に元環境大臣クラウス・トッパー氏が出演していた。 彼のインタビューのなかで久々に「Silent Spring」という言葉を聞いた。

 

Silent Spring」と言うのは1962年に出版されたレイチェル・カーソンの著書である。日本語では 『沈黙の春』 と訳されている。「自然は、沈黙した。うす気味悪い。鳥たちは、どこへ行ってしまったのか。」「春がきたが、沈黙の春だった」―― DDTをはじめとする殺虫剤や除草剤を大量に使っている事により、化学薬品が、生物や環境などを汚染し、人間にも被害を及ぼしている現状を鳥が鳴かなくなった春という出来事で表している本である。

 

DDT欧州では1940年代から殺虫剤として使用されてきた。なお禁止になったのは70年代。ちなみに今年の夏、欧州では養鶏場の卵から殺虫剤フィプロニル が検出された事が問題となったが、韓国ではDDT が検出されたという。どちらも毒性のある化学薬品である。

               f:id:decohana:20171115063347j:plain

 

さて、この『沈黙の春』 がインタビューのなかで語られた理由なのだが、昨10月に発表された昆虫の減少と関係している。

 

世界的に昆虫が減少している事はほぼ明確であろう。ドイツでも自然保護区に生息する飛行昆虫数が、27年間で約7%あまり減少したという調査結果が米科学誌「プロスワン」で発表された。

その内容に危機感を感じたのだろうか?11月9日に昆虫の価値を見直すべく学会が行なわれた。研究分野、経済分野、政治分野、環境保護分野から様々な専門家120名が集まり昆虫の役割や価値を再認識すると共に、昆虫減少という問題に今後どの様に対応していくべきか議論された。

 

             f:id:decohana:20171115063329j:plain

 

昆虫は生態系ピラミッドの下の部分を占める。多くの土壌昆虫は分解者であり、落ち葉や多くの有機物を分解する。菌類を含め分解者がいなければ、それこそ、「林道など人間の髪の毛だらけになってしまう。」という変な心配をしている自分である。また多くの草食の昆虫(嫌な吸血の蚊やアブも含めて)は鳥や魚、カエルやトカゲの餌となる。餌が無ければ、鳥を始め多くの生物が餓死してしまう。そして鳥達の春の喜びの歌を耳にする事がなくなり、『沈黙の春』 が訪れるのである。

 

このような事になっては流石にまずいっと思い、やっと政府機関が動きだしたようである。主な講演者は元環境大臣のトッパー氏をはじめ、連邦自然保護庁、州環境・自然保護、農業・消費者保護省など(現ヘンドリクス環境大臣は国連気候会議COP23で関係で不参加)。また環境団体NABUの代表、フンボルト博物館 (余談:ドイツ最大の自然史博物館、25メートルのブラキオサウや始祖鳥もみる事ができる)研究者、ミュンスター大学、動物環境学教授など。

          f:id:decohana:20171115063405j:plain

 

また大変面白い事にスピーカーとして殺虫剤を生産しているメーカーの代表が講演をおこなった。この会社は50年代中期より害虫対策の為の殺虫剤の生産・販売を行なっているのだが、5年前よりバイオ・ニュートラルな殺虫剤/殺虫方法の開発に取り組んでいるという。また販売価格の一部を環境保護・生物多様性の保護に還元するという。虫によって生活の糧を得ているため、売り上げの一部を自然保護に回す事は良いCSRである。

 

 

何処までどの様にニュートラルなのかはまだ開発中ということで発表できない部分もあると思うが、情報を仕入れるべく、メーカーに問い合わせをしてみたい。バイオ・ニュートラルな殺虫剤/殺虫方法ついて詳細が判明したら、また報告した。

ソース:westfalen-Blatt "Der Wert von Insekten" 9.11.2017

ドイツ・緑の党にがんばってもらいたい

国連気候変動会議の開催中なので、何かと政治と環境とが一緒になり報道されてる。

 

今年のドイツの総選挙が行なわれたのは9月末である。メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU)が33%の投票率で党を維持。二大政党の一つドイツ社会民主党(SPD)は20.7%の投票率で第二党となった。しかしこの二大政党は前回の選挙より大幅に議席を減らすこととなった。移民排斥を唱える極右政党「ドイツのための選択肢」(AfD)は13%の投票率で第3党に躍り出た。引き続き自由民主党(FDP)は10.6 %、左翼党(Linke)、9%、緑の党(Grüne8.9% という結果になった。


これまで大連立を組んできた二大政党(CDU)と(SPD)は大幅に議席を減す結果となった為、今現在どの政党がどの政党と連立を組むのか政党同士の話し合いが続けられている。

連立の可能性が高いのはキリスト教民主・社会同盟(CDU)、自由民主党(FDP)、緑の党(Grüne)の三党による連立で、三党のシンボルカラー(黒、黄、緑)がジャマイカの国旗の三色と同じため「ジャマイカ連立」と呼ばれる。

ちなみにドイツ議会では一党で過半数の票を集められなかった場合、議席の過半数となるように他の政党と連立を組む必要があるという。


さてこの連立に関してなのだが、なかなか難しいようである。連立を組むためには緑の党の協力が必要である。しかし緑の党は環境主義であるが自由民主党やキリスト教民主・社会同盟は考え方が違う。


緑の党は選挙前は石炭火力発電所の閉鎖と内燃機関自動車、(ガソリン車、ディーゼル車)の販売禁止による「2030年までに脱炭素」を公約として掲げていた。


自由民主党の政策は経済自由主義の目指しており、急速な脱炭素化による経済的ダメージの大きさを主張。CO2の削減に関しては非現実的なCO2削減目標の廃止を主張している。


またCDU/CSUだが電気自動車の拡大や更なる開発、また脱石炭・脱化石燃料の必要性・重要性は主張しているだが、性急な販売禁止には反対であり、2030年というレッドラインをおかない、長期目標として脱石炭・脱炭素化を掲げている。


個人的には緑の党にがんばってもらいたいっと思っていたところ、昨日のニュースで緑の党が連立を組むために妥協的な姿勢を示してきたという。なんでも2020年のCO240%削減目標の達成が大事であり、 2030年までに脱石炭なのか2032年までに脱石炭なのかは重要ではないという。


「期限を無くす訳なんですか??」

 

国連気候変動会議自体2005年からつづいていの未だに温暖化問題が解決してないという事実があるにも係わらず、目標年を定めないと、何時までの先送りになってしまう危険がある。福島の原発やVWのディーゼル詐欺など社会を大きく揺るがし事件・事故が起こらない限り環境問題解決はなかなか進まないのではないかと心配する。