ドイツ・環境・自然

環境の国って言われるドイツだけど、色々とジレンマがあるみたい。環境・自然を中心に日常の事書いています。

今日のご飯

2件友達の家によって「収穫」してきました。お庭があるお宅はうらやましいかぎりです。 その他はお店で売っているものです。帰りに市場に寄ってきました。市場での買いものの利点はプラスチックの袋に入っていないこと。 お庭が無い自分はハーブで我慢。 と…

フランス・暑さで家畜のトラック輸送一時禁止。

こう、毎日暑いと大変だぁ。昨日日本よりここ、ドイツに帰ってきたがドイツの方が暑い・・・。さてウチの車にはクーラーがないので外気34度だと結構暑かったりする。 こんな暑さのなかお隣の国フランスでは食肉用を含め動物・家畜のトラックでの輸送が暑さ…

写真でごまかす

お仕事関係(アスベスト関連)は不定期でFBにアップしているのだが、趣味の環境系のブログまで首が回らない・・・。と言うことで写真を貼ってごまかすことに。 マルハナバチのおしり。針もあるらしいが性格がおとなしいので手で触っても刺されない。蜜ばち…

裁判所からの石綿除去命令

昨年ドイツの地方裁判所で石綿対策に関する裁判がおこなわれた。 裁判所に意見を求めたのはマンション(もしくは団地)のオーナーとその建築物の管理会社である 事の発端は上記の住居でよくあるビニールタイルが張られている床のリフォームが行われ事にある…

アスベスト調査・分析の話:スイス

アスベスト調査の事前義務は無い。しかし情報提供の義務はある。 スイスだけではなくドイツもこの方針を使用している。 また建築物の解体を改装する際に有害物質が周り(人・環境)に悪影響を与えて事を禁止されている。 加えて電気工事や屋根工事他、その他…

アスベスト・防塵マスク

Face Bookではすでにアップしたのでがやはり見ずらいので、結果こっちに同じ事を載せる事になってしまう。まぁいいか・・・。 呼吸マスクの話 勉強になる話を伺った。 何でもアメリカやイギリスでは隔離養生内の石綿濃度が高くなると酸素ボンベに繋…

オーストラリア・アスベスト

本当は環境系の話を書きたいのだが、なかなか趣味の時間が取れない。よってまた仕事関係の話になってします。 アスベスト炭鉱があった国、オーストラリア。3月のドイツのラジオ(deutschlandfunk)放送でオーストラリアのアスベストの話がされていた。何で…

石綿レジスター

石綿含有建築を発見し登録することは重要な課題である。石綿レジスターと言う。公共の建築物に関しては石綿含有調査後に石綿レジスター帳(データーベース化されたもの)に記述することは可能だろうが、民間・個人所有の建築物は個人情報の関係で石綿レジス…

カエルゾーン

手前右上よりランド・スケープ保護地区、カエルさん注意、自転車注意、時速30キロゾーン、夕方6時から朝7時までカエルさん移動中注意

石綿濃度を守る知恵・ドイツ

お仕事の話 日本では石綿/アスベストの環境濃度、建築物内の石綿濃度が決められていないと聞く。ただしまったく何も無いわけではなく1989年の大気汚染防止によると「石綿工場がある場所と一般住宅のある場所での境界付近での気中の石綿濃度の規制基準は…

天候不順のあとに

ここしばらく天候不順であったドイツ。 先週末に台風並みの暴風雨が吹き荒れた。大木が根こそぎ倒れたり、屋根の一部がはがれたりと数名の死者をだす、大きな被害をもたらした。 それからちょうど一週間。今日まで風の強い日が続き、雨の降らない日はなかっ…

Fridays for Future

ここしばらく高校生が主体のFridays for Futureというデモ活動が毎週金曜に行われているが、その波は世界に幅広く広がっている。 ことの発端は昨年2018年にポーランドで開催された国連気候会議(COP24)で演説をした15歳の少女、グレタ・トゥーンベリ…

「石綿含有」、「石綿フリー」??

今日は「未来のための金曜日」の日。天気も晴れそう。わが町では9時よりデモ行進。明日以降にこのFridays for Futureの話をアップしたい。 よって今日はお仕事の話。 1月後半から2月いっぱい何かと急がしかった。調査書を書いたり、翻訳の依頼をこなした…

ドイツ・再生可能エネルギーの割合・2018年

フラウンホーファー研究所によると再生可能エネルギーによる発電がはじめて40%を超えたという。 同研究所によると太陽光による発電が16%伸び、また風力も5.4%増えたという。 確か2017年の発電量のデーターでは石炭・褐炭火力発電は約40%で…

VW集団訴訟とディーゼル車市内乗り入れ禁止 2019年

ディーゼル車に不正なソフトウエアを搭載して排気ガスの排出量を改ざんし排ガス規制を免れていたVWの排ガス不正事件が発覚したのはたしか2015年の事だと記憶する。 ドイツの消費者団体の全国組織(VZBV)は全ドイツ自動車クラブ(ADAC)と共同で集団訴訟…

新容器包装廃棄物法

一部の大都市でディーゼル車乗り入れ禁止が施行される2019年1月1日。 実は同じ日より「新容器包装廃棄物法(Verpackungsgesetz)」も施行されるここドイツ。 今までは条令として容器包装廃棄物の回収、リサイクルに取り組んでいたドイツだが、これが強…

胡桃を割ってみた

たまには自分ネタ・・・。 何事も自分で動かないと、何もおこらないドイツ。今年前半に歯医者の治療がひとまず終わったので、今回始めて通いつけの医院(ホームドクター)で健康チェックをしてもらった。その結果コレストロール値が少し高めとの事。 40過…

ドイツ人の環境政策に関する意識調査

やっとやっとやっとの更新。書きかけの文章はいくつかあるのだが、長くほっと置くと新鮮がなくなってしまう。でも今回は3,4日前のニュースから・・・。 先週のパリでの大暴動。政府の政策や社会問題に不平・不満を抱いている多くの市民が「燃料税引き上げ…

脱石炭と石炭委員会

ディーゼル車乗り入れ禁止がハンブルクで試行され、シュトゥットガルト、アーヘン、フランクフルト、ベルリン、マインツと次々にディーゼル車の乗り入れ禁止が広がっている。事の発端はディーゼル車からの排出ガスに含まれる窒素化合物の濃度が基準値を長年…

子供の中皮腫の話

イギリスの9月のニュースで14歳の少女が中皮腫を病んでいるという記事を読んだ。 通常、中皮腫の主な発生場所は胸膜で、その原因の一つにアスベスト繊維がある。これが肺組織に刺さる事が疾病の原因だと言われている。なお発病するまでに長い歳月がかかり、…

ベルギー・アスベストの話 その2

アスベストがベルギーで禁止になったのは1998年で、イギリスと同年である。 さて私が頻繁に訪問するインターネットのホームページではアスベスト関連の各国ニュースが英語で簡潔に紹介されている。このサイトで世界中のアスベスト関連の動きを垣間見る事…

脱石炭への光、ハムバッハの森の伐採の差し止め

ここしばらくメディアを騒がしているハムバッハの森 (Hambacher Forst)。 本日ノルトラインヴェストファーレン州(NRW州)の高等行政裁判所はRWE社に対し、森の伐採の差し止めを言い渡した。この背景にはドイツの環境団体BUND(ド…

ベルギー・アスベストの話

お仕事関連でアスベストのお話。 アスベストがベルギーで禁止になったのは1998年で、イギリスの規制と同年だったと記憶している。 ベルギーでの禁止が遅かったのはやはり当時の大企業といえるエタニット社がベルギーにもあり、また経営者の1名がベルギー…

ドイツ・ネオニコチノイドの禁止 その2

欧州委員会の決定に基づきドイツ連邦消費者保護・食品安全庁(BVL)は今年8月にネオニコチノイド系の化学物質、クロチアニジン、イミダクロプリド及びチアメトキサムからなる農薬の使用許可の取消を決定した。 穀類、とうもろこし、菜種ではこのネオニコチノ…

ドイツ・ネオニコチノイドと禁止と森林の伐採

2018年9月18日 ベルリンで石炭発電委員会 Kohlekommissionでハムバッハの森の伐採が決定された。 また今日より(確か・・・)蜜ハチの大量死の原因の一つであるネオニコチノイド(農薬)のジャガイモと砂糖大根への使用が禁止となった。 上記のテーマ…

ドイツ・褐炭火力発電と森林保護

ここしばらく秋空のなかワイン祭りや収穫祭、またミュンヘンでは今週末からオクトーバーフェルトも開催されなにかとに賑やかな催しが多い。ただし「にぎやか」なのはお祭りだけではない。ここしばらくドイツ国内でいくつものデモが行なわれている。 とりわけ…

ドイツ・ゴミの話2016年

ドイツの先週のニュースより。なお元はドイツ環境省の発表に基づいてるということ。ゴミの話。なんでもドイツは国民1人あたり年間220キロもの包装資材ゴミを廃棄しているという。 包装資材とは例えば紙ダンボールやテトラパック、飲み物などのペットボト…

アメリカ・同時多発テロ後の癌が増加

アメリカ同時多発テロ事件は今から17年前。この無差別テロ事件の犠牲者数は3千名以上になる。それから17年経ち、先日ほぼ1万人のNY市民が癌だと言うニュースを読んだ。その原因は2001年の同時多発テロと関係すると見られている。 新聞等によると当…

猛暑と農作物

このところ本職やアルバイトが忙しく、趣味のブロクまで手がまわらない。 就業後にブロクのための時間を取れば良いのだが、毎日快晴なのでついつい夕方にロードバイクにまたがって2時間ほどサイクリングをしてくる。そうすると1日終わりである。雨が降ると…

地下鉄のストとアスベスト(その2)

地下鉄のストライキの話 (その2) 前回につづきブエノスアイレス地下鉄とマドリード地下鉄の話。 マドリード地下鉄は問題渦中の真っ只中いる。 その一つは同地下鉄公社がアルゼンチンの首都を走るブエノスアイレス地下鉄に石綿含有の中古車両を譲渡した事…